white board

white board

東葛中受検にまつわるエトセトラ

3)倍率と偏差値

初年度の東葛飾中の倍率は14.3倍といわれ、初年度の千葉中27倍ほどではありませんが話題になりました。
2期生は11.8倍と少し落ち着きましたが、記念受検が減っただけという見方が多いようです。

【2017年度(2期生)】
倍率11.8倍 (男子12.1倍 女子11.6倍)
一次受検者 946名(男子483 女子463)
一次合格者 326名(男子163 女子163)
一次倍率  男子3.0倍 女子2.8倍
二次欠席者 30名(男子16 女子14)
二次受検者 296名(男子147 女子149)
二次倍率  3.7倍

【2016年度(1期生)】
倍率14.3倍(男子14.5倍 女子14.2倍)
一次受検者 1147名(男子579 女子568)
一次合格者 324名(男子161 女子163)
一次倍率  男子3.6倍 女子3.5倍
二次欠席者 28名(男子13 女子15)
二次受検者 296名(男子148 女子148)
二次倍率  3.7倍

東葛中の定員は男女40名ずつなので、受検者数によって男女で倍率が異なります。とはいっても、倍率の高い方が必ずしも合格最低点が上とは限りません。

合格最低点(ボーダー)は発表されていませんが、塾や公立系模試の説明会に行くと、過去のデータを教えてくれる事があるかもしれません。

倍率を聞いてもいまいちピンとこないのですが、小学校から1人来ていることが多いようです。たまに複数のこともありますが、きれいにばらけている印象です。合格者の出ない小学校もあります。

二次検査を欠席する人が30名ほど出るのは、1月の私立合格発表を受けて、進学先や滑り止め校の決まった人が受検をやめるためと思われます。

偏差値については、私立中と受験者層が一致していないこと、試験の傾向が違うことから、単純に私立と並べて考えることはできません。あくまでも各塾内のデータとなります。
N男子2018予想R4
N女子2018予想R4
 ※1/20以降の欄

Y男子2017結果
Y女子2017結果
 ※1月前半の欄

S男子2018予想
S女子2018予想

Nが辛め、Sが甘め、Yがその中間、という見立てでしょうか?