white board

white board

東葛中受検にまつわるエトセトラ

2)受検パターンを分けてみる

初年度の東葛中の受検パターンを、ざっくり6つに分けてみました。

①難関校を目指す層が、塾から頼まれて受ける

②私国立を目指す層が、併願として受ける

東葛中が第一希望だが、私国立も併願して地元中には行かない

東葛中だけを受ける【私立型塾】
(先取り、特殊算をやっている。
 部活や習い事をやめ、受検に力を入れている)

東葛中だけを受ける【東葛中対策塾・親塾】
(習い事や部活を続けるケースも)

⑥記念受検


6パターンについての考察

★私の知る範囲では、⑥記念受検のお子さんは一次検査で止まっていました。絶対とは言えませんが、いきなりの受検で一次通過は難しそうです。

★意外だったのは、②や④のお子さんが一次止まりの事もあること。塾の偏差値では判断しきれないことが分かります。

★①のお子さんは、発想力と処理能力の高さで合格。希望の難関中に進むので確約書は出さず→(繰り上げ合格発生)
②のお子さんも第一志望に合格すると同じことに。

★④から⑤への移籍、というのはあります。
東葛中専門塾や塾の東葛中コース(まとめて対策塾と呼びます)の合格実績は、ここが見えません。何もしていなかった子が対策塾に来て受かったのか、有名塾でガッツリやってきた子が移ったのか、はたまた併塾なのか?

★対策塾にも、4・5年生で先取りをして特殊算を教える所があります。ちなみに、適性検査では特殊算は使いません。

★親御さんが勉強を見て(いわゆる親塾)、合格というケースもあります。

本来、適性のある子を見つけるための適性検査ですが、私国立難関中の対策をやってきた層が、合格者の一大勢力となっているのも事実。
その結果から「県立中に行くなら、難関中対策をすればいい」という声を聞きます。

見ていて気になったのは、せっかく私立上位校を目指す塾で勉強してきたのに「東葛中がだめなら地元中に行かせる」という一点突破型のやり方です。小学4・5年生から勉強にかけてきたお子さんの気持ちを考えると、県立1校に絞るのはリスクがあると思いました。




広告を非表示にする