white board

white board

東葛中受検にまつわるエトセトラ

適性検査と新テストと。

千葉県立中の二次検査が終了しました。
受検された皆様、お疲れさまでした。
合格発表が2/1、繰り上げが出るのは4日夕方頃からでしょうか?募集要項でご確認ください)

一次検査から2/4まで、なんと59日間。
なんでこんなに長いのだろうと思っていたのですが、この行程を経て入学を希望するということ自体が、一つの振り分けになっているようにも思えてきました。

東葛中の受検の流れが、私立のようにスマートでないことを、不快に思われる方も中にはいらっしゃると思います。その不快さは、東葛中が「好みに合わない」ことを示唆しているかもしれません。合わないのに期待するのは、ミスマッチのもと。
おおらかに、期待しすぎないくらいの立ち位置が丁度いいと思います。

適性検査、入学を希望する人が諦めずに1点でも多く掴み取れていることを祈ります。

諦めない、というのは、適性検査において学力とセットで求められる能力の1つだと思います。

先週行われた大学センター試験も、諦めない力が強く求められているように思います。
どんな球でも逃さない、千本ノックのような闘い。国立の難関大になるほど「科目を諦めない」ことも求められますね。

そんなセンターも来年が最後です。
河合塾の先生に伺ったところ、2年後の共通テストで一番変わるのは、英語ではなく国語だそうです。民間テスト導入であれほど揉めている英語よりも、国語の方が変わる、と。

問題の選択肢も変わります。
共通テストでは「当てはまるものを全て選べ」が入ってきて、選択肢が ”ない” 場合もあるとのこと。今よりも平均点を下げることも決まっています。

駿台の先生からお聞きしたのですが、模試の問題を作るとき、調整のために少し平均点を下げたかったら、問題文を長くするそうです。問題の質を変えなくても、文章を長くすると解けない人が出てくるというのは、まさに新井紀子先生の読解力の話に通じます。

英語の民間テスト導入、記述問題の採点、ほんとうに問題山積みで、このごろは「教育を良くしたい」と志を共にする先生方が、同担拒否みたいな感じで批判し合うほどに、切羽詰まっている空気を感じます。

受験者側の感覚として、どうなるんだろう?と思う点を書き出してみると、

1)英語民間テストは、使う大学と使わない大学がバラバラ。
となると、結局使うことを想定して高3の4月に英語は本番を迎えるテイで勉強していくことになる?
ということは「部活と行事をやりきって、猛勉強する」という東葛生スタイルはどうなるのだろうか?(そんな民間テストってどうよ?)

2)記述は、自己採点に自信が持てるだろうか?
センターリサーチ(自己採点による予備校の判定)によって私立と二次の対策をしていくという長年のノウハウは、どこまで通じるだろうか?

と、不安なことを書いてしまいましたが、私が言いたいのは、こんな新テストだけれど、千葉県立中の適性問題に寄せてきている感じがすごくするので、適性の勉強をしてきた子たちにとっては、この変化は比較的受け入れやすいのではないか?ということです。



受験が続く方は気が抜けませんが、どうかみなさん体調にお気をつけて。
適度に深呼吸しながら、お過ごしくださいね。