white board

white board

東葛中受検にまつわるエトセトラ

「全員に該当箇所の18点を与える措置」千葉県立中

★お知らせ★

教育庁に意見を伝えてみませんか?(12/10)

①本件の対応窓口
こちらに電話番号があります。

【制度的な担当】
★千葉県 教育庁 教育振興部 学習指導課 学力向上室

【検査問題に関する担当】
★千葉県 総合教育センター 学力調査部

18点付与については、上記2つの部署が両方窓口になっています。
(私は教育委員会の事務方だという教育庁教育振興部に電話しています)


②新聞の報道

www.yomiuri.co.jp

 
教育庁への電話1回目
12/9(月)9:00に千葉県教育庁のサイトに18点付与の通達が出ましたので、教育庁に電話をして意見を伝えました。

まず、18点付与の措置は、すべての答案の該当箇所を確認し、合否に影響しないかを確認してから決めたのか、という点を質問しました。
回答としては「これから」ということでしたので、合否に影響があるかどうか未確認のまま、今回の措置が決まった事がわかりました。
つまり、正解した生徒の時間的なロスは考慮されていません。

私の考えとして、
①該当箇所の正解・不正解・白紙 の数を開示してほしい
②ボーダー層の該当箇所の答案はとくに慎重に分析し、必要があれば合否の逆転がないように一次合格を320よりも増やすべき
③えらい人だけで判断せず、専門家を入れて慎重に分析し情報を開示してほしい
といった点を伝えました。

現在、入試改革の共通テスト記述問題導入について、批判、関心が高まっており、マスコミ・大学・高校・予備校・保護者・生徒が連携して採点の不公平を批判している。初動を間違えると大きな問題に発展することをお伝えしました。
すべての答案、1枚たりとも、合否の逆転があってはならないと伝えました。

これらのことが通らず、このまま18点付与だけとなる可能性はありますか?とお聞きしたところ、話はするが何ともいえないとのことでした。
電話に出たのは本件の担当者でしたが、とくに「この度はご迷惑をおかけして…」のような言葉はなく淡々と受け答えされました。

電話をする前は、教育庁側に何か確証があって決めたのではないか?
つまり、加配をしても合否が変わらない(解けた人がほとんどいない、等)と把握した上での措置ではないかと予想していたため、分析もなく措置が決まったことに驚きました。

中学の先生方に決定権はありません。通常授業がありますし採点で忙殺されていますので、中学にはこの件で電話をしないようにお願いします


教育庁への電話2回目
12/10(火)16:40、教育庁に電話し、昨日の担当者とお話ししました。
1)私や他の方が電話で伝えた意見は、教育庁内に報告されているか?
→報告している
2)報告方法は、口頭か、文書か、メールか?
→文書と口頭
3)この件の最終決定権は誰にあるか?
教育委員会が決定する
4)大学入試では文科大臣に決定権があるが、決裁するのは教育委員会か、県知事か?
教育委員会だが、誰とは言えない
5)教育庁教育振興部と教育委員会は別なのか?
教育庁教育振興部学習指導課は、教育委員会の事務方。
6)問合せ先にそちらと総合教育センターの2つがあるが、別組織か?
→総合教育センターは問題に関する担当。措置に関しては両方が関わっている。
7)脱字ミスの措置を見直すとすれば、教育委員会なのですね?
→これから決めることなので、誰がとは言えない
(それ大事です、県民は知る権利ありますよと返した)
8)受検生へのお手紙はすでに発送されたのか?
→まだ発送していない。
9)本件は他県の教育関係者にも伝わりつつあり、批判され、県立中への信頼をこわすものである。手紙を発送するより早く動いてほしい。
→伝えます
10)18点付与の措置は、正解した受検生の軽視であり、教育基本法に反する誤った判断。この措置を見直そうという動きはあるのか?
→発表された措置(18点付与)を行う予定です。
11)脱字の責任は県にあり、対処に伴う手紙の費用や選抜基準の変更などいわゆる”実害”は県が負うべきものです。18点付与は、正解した受検生に実害を与える誤った判断です。
→伝えます
12)加配を止めて、そのままの採点で、救済としては二次に進める人数を320人より増やしてほしい。強く希望する。
→伝えます
13)受検生の皆さんがとても不安になっている。一刻も早く動いてほしい。
→伝えます

教育庁塩対応にめげず、続けて動きます。
関心のある方にぜひこの状況をお伝えください。
皆さんのコメントで、様子がわかって話がしやすくなりました。
お仕事関係で役所、議員さんへのアプローチなどアドバイスがありましたら宜しくお願い致します。