white board

white board

東葛中受検にまつわるエトセトラ

入学後の通塾

東葛中は塾が必要、という声を耳にします。
たとえばこんな感じ。

f:id:whiteboard16:20181105125042j:plain
(ヤフー 知恵袋より)

この質問に対して、「8割が通塾していると聞いた」という回答がありました。
「8割」の真偽は知りませんが、ここでは塾について具体的に考えてみたいと思います。



【なんで塾行くの?】

高校生が塾に行く理由は「大学受験のため」、シンプルです。

でも東葛中生にとってはそこが一つじゃない。

①先取りさせたい

東葛中の授業だけでは、上位高校レベルに達しないと思うから

定期テストで平均点が取れるようにしたい

④好きな数学や英語をもっとやりたい

お子さんのタイプやご家庭の方針によって、塾に求めるものは違いますね。



【千葉中とは違う】

千葉中エリアには、千葉中に合わせたクラスを設けている集団塾があって、生徒さんが集まっていらっしゃると聞きます。

www.keiyo-gakuin.co.jp


柏はそういう集団塾を聞かないので、「千葉中と塾」の関係が、そのまま東葛中に当てはまるとは言えません。


【どこの塾で何をやる?】

高校受験用の集団塾は、やっていることが違うので、入塾を断られることもあるでしょう。入ったとしても、塾と学校の宿題を両立するのはなかなか大変。学年が上がるにつれて、放課後に長時間、高校受験の勉強をすることになります。

東葛中の英語は、高大接続改革と道具としての英語にシフトしているので、高校受験の型にこだわると、やりにくいかもしれません。

高大接続改革については、別の機会に書きたいと思いますが、たとえば早稲田政経では、数ⅠAありの共通テストを使い、学部独自試験は、日英両言語による長文を読み解き解答する形式だそうです。英語で書かれた現代文みたいだと予備校の先生からお聞きしました。サンプル問題はこちら

東葛中の英語の様子は公式サイトでレポートされています。
中学3年;国内語学研修を実施しました。 - 東葛飾中学校


話を戻しまして。
柏駅付近の、私立中高一貫生が通うとある集団塾では、中受した生徒さんがそのまま通い続けることが多く、塾では先取りカリキュラムのフォローをしているそうです。そして指定校推薦に持ち込む。こういった塾に東葛中生は合いません。

個別や映像はいかがでしょう。

東進の模試で数学特待をもらって、映像で先取りする、という手もありますが、学校にプラスして期限内に高校数学をやり終えるというのは、誰もができる事ではありません。④のタイプにはお得でしょうか。
数学特待制度|大学受験の予備校・塾 東進

個別は先生次第、ニーズが合えば使えますね。
ただし費用がかかりすぎると、私立中に通うのとあまり変わらなくなります。

一番やりやすいのは、中受で通った塾の先生に相談して、負担を減らしてお世話になる方法でしょうか。これは、親にとって安心材料の意味合いが強いかもしれません。


①先取りさせたい
ガチの先取りは、どこの塾に行ったらいいのか、果たしてそのような人が実在するのか、申し訳ないことに分かりません。

④好きな数学や英語をもっとやりたい
このタイプは、先取りという点で①と似ていますが、よりマニアックで、好物の食べ放題に行くようなもの。基本独学ができる人です。

いずれにせよ、学校と先取りを両立させるには、負荷を心地よく感じる余裕がないと難しいと思います。

雲の上のお話ではありますが、こちらのブログで鉄緑会とSEGの学校別在籍者を教えていただきました。ご参考まで。

blogs.yahoo.co.jp





【まとめ】
東葛中は勉強のやり方を教えてくれます。友人も支えてくれます。国理社のワークは進学塾で使われている教材なので、本人が勉強を捨てなければ、高校受験レベルに対応できるのかなと思います。個人差はあるでしょう。

低空飛行でも、七転八倒しても、まずは課題と定期テストに向き合うことが基本じゃないでしょうか。
「塾が必要」と言うのは親にとってラクですが、「本人自身、どうにかしようとする気力が必要」
と置き換えると、現実味がある気がします。
塾は、そこにプラスするかどうかの話。


********

長くなりましたが、こちらは中3の10月にユズが受けたVもぎの数学です。

f:id:whiteboard16:20181029153717j:plain


県立高校の数学は、正答率の低い問題を捨てて、英語や社会で稼ぐというのが定石です。

学校では、せっかく受験がないのだから、捨てるテクニックではなく、あきらめずに解くということを日頃やっているようです。(正答率の高いところでミスしているのはご容赦を)


今年の一次検査まで、1ヶ月あまり。
ご家族の落ちつかない気持ちも、寒さとともに増して行くことでしょう。
親御さんが笑顔でいられることを、ぜひ大切にされますように。