white board

white board

東葛中受検にまつわるエトセトラ

ミスター東大★準グランプリ

先日、東葛飾高校の卒業生 田中智大さんが ”ミスター東大コンテスト2017” の準グランプリに決まりました。
田中さんは本気でグランプリを狙っていらっしゃったので、悔し涙の「準」だったようですが、この活動を通して多くの人に応援されていたことが伝わってきます。

中学受検からは脱線しますが、「東葛高校らしさ」を体現する最強の人物だと思いますので、田中さんについて記事を書いてみたいと思います。

ミスターコンテストといえば、センスの良い爽やか系というイメージがつきものですが、田中さんはその辺りをいちいち外してきます。


こんな投稿の後には


そしてちゃんと自撮りのプロに撮影の仕方をレクチャーしてもらい、成長していきます。

最も人々を驚かせたのは、しょっぱなからネットの下ネタに乗っかってしまったことでした。流れに乗った方がいいかな?と判断してのことだそうで、ネタ自体は後から勉強したのだとか。

話はそれますが、その下ネタには、実は当ブログも因縁があります。

最近検索してこられた方はご存じないと思うのですが、以前は「東葛中」と検索すると、その下ネタばかりが表示されるという時期が続いておりました。

情報を求める受検生が下ネタにしか行きつかない、という状況を変えるため、当ブログを立ち上げたのです。

しかし、うっかり検索で上位に出てしまうと、検索結果が「当ブログと下ネタの夢のコラボ」状態になってしまいます。

なのであえて、ブログや記事のタイトルに学校名を入れない等、上位に行かない逆SEOを意識しておりました。いつか下ネタより上を目指す!という野望を抱きつつ。(今は検索画面もすっかり健全になりました)

で、ミスター東大。
田中さんはその下ネタを自在に操り、今までミスターコンテストに関わりのなかった層を見事にフォロワーに取り込みます。

私は正直、田中さんはネタに振り回されるんじゃないかと、ハラハラしていました。しかし、そこは東大生。計算なのか天然なのか、常にファンを楽しませ、自分のやりたいことに繋げていきます。

終盤、インドに行ってしまい、ガンジス河で沐浴するなど、狙っているのか迷走しているのか、分からない展開にもなりましたが、


インドの頃には、ファンの人たちはすっかり田中さんのペースに巻き込まれていたと思います。


田中さんは時折、高校での様子を紹介されています。

 

 

 

 

 

今年のハロウィンを、トトロ姿で楽しむ田中さん


このトトロ、背中にガムテープを貼って、マジックで「ミスター東大No.2」と書かれています。


最近では、東大の学祭の動画を上げて、


と呟いていらっしゃいましたが、ミスターコン本番直前にコレを上げる YOUがわからない。


ご本人は悔しそうですが、コンテストやオーディション2位の方って、何かと活躍していらっしゃる印象があります。
これからも自由に突き進んでいかれることを、ブログの片隅よりお祈りしております! 


今年はミスター立教の河村さんがグランプリ


ミスター上智の山﨑さんが準グランプリ


ミス東工大の網野さんはDHC賞。
その他、卒業生ではこんな方も。

ミス青山2016グランプリ


ミス日芸2016グランプリ



こうしてみると、高校はさぞかしキラキラ、ウェイウェイしているかと思いきや、むしろ逆、と耳にします。
千葉日報より、生徒会長さんの言葉を引用させて頂きます。

東葛高校では生徒が皆、勉強や部活動や行事や生徒会活動に頑張って取り組んでいます。
もちろん、すべてにおいて懸命に、なんてことはとてもじゃないができません。皆それぞれどこかで頑張っています。
(中略)
皆何かを頑張っているから、他人の努力を認め合い、他人の個性を認め合う”

そんな東葛高校の、今年のハロウィン祭の様子が高校のホームページに載っています↓
ハロウィン祭 - 千葉県立東葛飾高等学校Blog




広告を非表示にする