white board

white board

東葛中受検にまつわるエトセトラ

教科書は読めている?

先日、数学者の新井紀子さん主催「リーディングスキルフォーラム AI時代に求められる読解力」を聞きに行きました。

新井紀子さんは、「東ロボくん」というAIロボットにセンター試験を受けさせて、ロボットが東大合格点を取れるか研究されてきた方です。

東ロボくんは、高3生の上位2割に入るまで成績を伸ばしました。しかし、今の技術の延長線上では東大に届かない、という結論に至りました。

”東ロボくんも論述式の問題を解きますが、一見なんとなく整った回答が出てくるものの、単に記憶していることを並べているだけで質問に答えていないという文章の内容でした。
つまり東ロボくんは言葉の意味を理解していません”

~国大協広報誌「国立大学Vol.46」より~


新井先生は、問題文が全く読めていない東ロボくんが、なぜ多くの学生より偏差値が高くなったのかという点に注目しました。

そこで「リーディングスキルテスト」という読解テストを作り、学校や自治体の協力のもと、2万5千人以上のデータを分析します。

この調査から、予想以上に多くの子どもたちが、教科書レベルの文章が読めていないこと、AIと似たキーワードとパターンの拾い読みをしていることが分かりました。

リーディング能力と、その人の環境・好き嫌い・読書習慣など、様々なデータとの関連性を調べていくと、最も関連があったのが高校の偏差値だったそうです。

高校の入試問題が解けるということは、教科書が読めることと強くリンクしているのです。



新井先生は、「読めないAI 」が「読める人間」を越えることはない=シンギュラリティはこない、と断言されています。
でも、人間が読めなかったら圧倒的に不利ともおっしゃっています。

ここで、東ロボくんの得手不得手を見てみましょう。

f:id:whiteboard16:20171104193036j:plain

   毎日新聞より

ここからは私の所感です。
公立中高一貫校の適性検査は、「AIが苦手とする事」に良く似ています。
そして、東葛飾中学校が力を入れているのも、まさにここだと感じます。

「エリート教育してるんでしょ?」と、ふわっと誤解されがちな東葛中ですが、「AIの不得意な事をもがきながらやっている、しかも従来の学習もやるべきとされる学校」というのが近い気がします。

従来の学習の方が「やった感」があるし、AIの苦手なことは、正直人間も時間や手間がかかって面倒くさいので、もがきながら、と書きました。


読解力はどうすればつくのか?という問いに、現段階で解決策は出ていませんが、新井先生へのインタビュー記事が心に響きます。

「本を1日に3冊読むのではなく、1冊をじっくりと時間をかけて、何度も読むこと。
上滑りの知識ではなく、腹の底から分かるというところまで理解すること。

相手の意見を自分の考えとすり合わせていくこと。

柔軟性やリアリティを持って知識を身に付けられる土台を作ること。

本当の知識を身に付けるにはそのような「我慢」が必要」

~国大協広報誌「国立大学Vol.46」より~


新井先生は、この研究の成果を2020年の教育改革に生かしたい、「絶対にどうにかするんです」と、強く訴えていらっしゃいました。

ツイッターに地味な弁当写真を上げる”お母ちゃん”感覚と、TEDでプレゼンする華やかさを持ち合わせる新井先生。様々なジャンルの研究者や現場の先生方が、がっちりと先生を支えていらっしゃる様子が感じられるフォーラムでした。



*****


(追記)
その後、新井先生が2月に出版された
AI vs. 教科書が読めない子どもたち」は、林修先生が紹介されたこともあり、20万部のベストセラーになっています。