white board

white board

東葛中受検にまつわるエトセトラ

2年生、雑感。

先日、ユズたち2年生は「伝統文化学習」という行事で、京都・奈良に行ってきました。

この学校には「つながる・つなげる」という教科があり、こうした行事を通して、情報編集力を学ぶ機会があります。

市立中と同じことをするけれど、時期が一年早く、より能動的という点が特徴でしょうか。
外国人に人気の、祇園のリーズナブルな宿に貸切りで泊まれたのも、小さな学校の利点です。

今どきの修学旅行は、自由行動で貸切りタクシーを使うのが主流ですが、ユズたちはバスの一日券を買って移動。交通トラブルがあれば電車を使うなど、グーグル先生の助けを借りつつ京都を巡ったようです。

:::::

この一年間、生徒たちはあれこれしくじりつつ、友人関係を築いてきたことと思います。
勉強や友だちについて悩むことも、他の学校と同じようにあるでしょう。それでも去年よりは、色々と力の入れ方が分かってきたし、今の方が楽しくなっているように見えます。

誰もが通る道・中二病を患い、受検からの解放感も相まって、中1あたりが最もネットでイキってしまいがちですが、本当の中2になると、だいぶ落ち着いてくるように思います。
こちらの記事、面白いですよ。
中二病って本当に中学2年生で発症するの?現役中学教師に聞いてみた!

:::::

最後に、このブログの1ページ目に「気がかり」と書いた、学力のことにふれてみたいと思います。

ユズは何度か、個人的に模試を受けています。(駿台のようなガチ模試ではありません)

1年春 英語は平均からのスタート。

f:id:whiteboard16:20170612194657j:plain


2年春 英語も他の教科に追いつきました。

f:id:whiteboard16:20170612194723j:plain


英語・数学とも塾なし、通信教育なしです。
模試の関係で塾の季節講習は受けました。

あくまでも1/80人の様子なので、全体を語ることはできません。
が、この学校の学習指導は、言うほど酷くはないし、根拠なく持上げられるものでもない、と見てとれるのではないでしょうか。